皆さま、こんにちは!
東洋ネクストの志摩です。
 
暖かい日差しが春を感じさせる今日この頃、仙台では間もなく桜が満開を迎えますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
 
今回は、私が先日受講してきたセミナーの内容を一部紹介します。

テーマ:「10年後、私たちはどのような仕事をするか ~AI時代に生きる変化と“自分の志”を考える~」

 日本における仕事の49%がAIで代替可能だといわれる世の中で、より良い人生を生きるためにキャリア(=生き方)を見つけるには?

 
①世の中(環境動向、求められる人材要件)を知ること

②自分自身(できることを、やりたいこと)を知ること

 

では、なぜ“キャリア”を考えるのか?

「AIで代替可能な仕事が増える=人間がする仕事がなくなる」のではなく、

「AIで代替可能な仕事が増える=人間がしなくてはならない新たな仕事が増える」

と考えたときに、自分にはその仕事をこなすスキルがあるだろうか。

これからは、自らやりたいことを考え、実現していく「力」が必要な時代であり、その「力」を獲得するには、自ら能力開発に取り組むことが大切だからである。
また、自分のやりたいことを明確にするためには、志を考えることも必要である。
まだ自分の中に志(大志)というものがなくても、小さな志(小志)を積み重ねることで、小志が大志へと育まれていく。
 

これはセミナーのごく一部にすぎませんが、このセミナーを受けて、自分のキャリアと志について深く考え、変わる良い機会でした。
自ら学び、自ら成長できる人材。
達成に向けて徹底的にやり切る努力のできる人材。
私の小志がいつか大志へと成長するよう、毎日を大切に過ごしたいと思います。
皆さんも一度、自分のキャリア(生き方)や志について考えてみると、様々な気づきがあるかもしれません。