東洋ネクスト野々村です。冬本番、慌ただしくも、楽しい季節になりましたね!

今日は、最近考えている「論理的」「直感的」とのバランスについて、書いてみようと思います。

論理的思考とは、目の前にある「事象」を整理し、筋道を立てて「モノゴト」を考えること。
仕事をする上で、論理的に考えて行動することはとても大事だと思っています。
ですが、そればっかりの「ロジックOnly」だと、
例えば、目の前にある「事象」から導き出す答えが「みんな同じ」ようになってしまい、
せまい範囲の中に「導き出した答え」が集まってしまうように思います。みんな、似たり寄ったり。

ただし、全て自分の感覚に頼る「直感Only」もダメだと思っています。
目の前にある「事象」から、筋道を立てて考えた結果、どうしても判断に迷うときに、
最後は、自分の感覚や価値観を信じて「これだ!」と決める、「答え」を出す。
そのためには、いろいろなことを幅広く見たり聞いたりしながら「自分の価値観」をつくっていくことと、
最後は自分の感覚を信じて選ぶ「強い気持ち」が大事だと思っています。

「論理的」と「直感的」とのバランス、上手く取っていきたいものですね!