みなさんこんにちは、東洋ネクストの宮本です。
寒い日が続いていますが体調にはお変わりないでしょうか。

この時期になると年末に向けて年賀状の準備に入る方もいるのではないでしょうか?
しかし、年々インターネットの普及により紙で年賀状を送るという方は少なくなってきているのが現状です。
来年から年賀状を送りませんといった一文を添える就活年賀状や、住所がわからなくても年賀状を送れるサービスがあったりと、年賀状の種類も多様になっています。

とはいえやっぱり年賀状が元旦に届いていると嬉しくなりますよね♪

そこで今日は、年賀状の準備にお役立ていただける情報を少しご紹介したいと思います!

年賀状を2019年1月1日に届くようにするにはどうするべき?

よほどの理由がない場合、元旦に年賀状を配達してもらうには以下受付期間中に投函すると良いですよ!

  • 引き受け開始日:2018年12月15日
  • 元旦に配達するための投函最終日:2018年12月25日


郵政局HPにもお知らせが掲載されています!
年賀葉書の販売は2018年11月1日より開始しているようです!年末はお仕事も忙しくなる時期ですから、計画的に準備したいですね!

もっと簡単に年賀状を作りたい!!

最近では裏表共にプリンターで印刷される方も多くなってきていますね。「今年こそは面倒な宛名書きも印刷したい!」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
フリーのソフトもたくさんあり、宛名書きもとっても楽チン!おすすめのフリーソフトをご紹介しますので、ぜひ試してみてください!

かわいい年賀状のテンプレートが知りたい!!

今年こそ手作りのデザインで!と、毎年思うのですが、かわいいフリーのテンプレートなども多いため、ついつい私はテンプレートを利用しちゃいます♪
来年は亥年⭐️いくつか私のお気に入りのサイトをご紹介します!用途に合ったテンプレートが見つかるといいですね!!

来年は平成最後の年賀状になります!
就職、転職して新しく出会った方々へ感謝の気持ちを伝えたり、遠方の友人や親戚に元気な様子を伝えるために年賀状を送ってみてはいかがでしょうか?

今年は暖冬と予想されていますが急激に冷え込んでおり、体調管理が難しいのでお体にお気をつけくださいませ。