みなさまこんにちは。

東洋ネクストの松田です。

 

突然ですが、みなさまはいつも上空にある「月」についてどう思いですか?

と言いますのも、先日川崎までお仕事に向かった際、ふと見上げると

きれいな三日月が出ていました。

丸々とした満月もいいですが、伊達政宗を思い出すような整った三日月も

風情があって良いなと思いました。

しかし自称「天体オタク」の私は、また違った思いを感じておりました。

 

a0032015_20493973
 

 

まず月というのは知れば知るほど、不思議な天体だなと思います。

と言いますのも、地球の自転と月の公転周期が完全に一致している事、地球から見たら太陽と月が同じ大きさになっている事、そもそも定説はありますが、どうやって出来たか科学者でも良くわかっていない事など、他にも書ききれないくらい謎に満ちた天体だと思います。

 

小難しいことですが、こういった事を考えていると悩みや不安がいつの間にか消えてなくなり、悩みだと思っていたことがどれほど小さい事だったのかと改められます。

人生において悩みは尽きないものですが、私のちょっとしたお悩み解消方法のご紹介でした。みなさまも実践してみてはいかがでしょうか?

 

「誇れる仕事を」